このブログについて

テーマと視点

このブログ「半学半民時代」は、30代で会社員から米国大学の教員に転職した筆者が、
40代にして、兼業で新しく翻訳者のキャリアを歩もうとするプロセスでの修行の記録
です。

同時に、民間・アカデミックの両方をそれなりに経験しているミドルエイジの社会人
が、分野・業界・世界・職業の境界を越えた一複業ワーカーという、少数派の働き方
を新たに実践していくなかでの、模索の記録でもあります。

対象としている読者の方

翻訳を中心に、言語に関わるお仕事に興味をもたれている方、 あるいは教育、特に米国
系の高等教育全般に関心の高い方、より広くは、特定の分野や業界の枠にとどまらない
生き方を模索されている方を対象としております。もうすでに翻訳や高等教育の業界で
ご活躍の方には物足りない内容になるかと思いますが、何かお気づきの点等ございまし
たらご指導いただけますと幸いです。

主な内容

主に、

  • 特許翻訳修行
  • STEM
  • 教育
  • キャリア再構築

といった相互に関連したテーマを中心に扱ってまいります。

「特許翻訳修行」についての記事は、特許翻訳のプロで起業家の方が開発された講座を軸とし
た学習実践に基づいた内容になります。

「STEM」についての記事では、特許翻訳修行のなかで、理系のバックグラウンドのない自分
の視点から、STEMをを学ぶ際に気付いたことや、役立つと思われた学習リソースなどをご紹
介しています。

「教育」についての記事では、米国や日本の高等教育全般、英語教育、未来の教育などに関し
て、筆者の経験、または海外・国内のソースに基づいた知見や感慨をまとめたものになります。

「キャリア再構築」についての記事では、既存のキャリアの上に新たなものを積み上げる途上
での思いや模索に関して書き留めたものになります。

また、こうしたテーマにゆるく関係しながら、もう少しやわらかいお話をする時は、「話題」
としてシェアいたします。

これらの記事の数々が、みなさまの着想や思考をさらに豊かにするささやかな素材のひとつと
なることができましたら、大変うれしく思います。